文京区本郷・女性針灸師の女性専用PrivateSalon

プロフィール

幼少期

子供の頃、不思議な世界(スピリチュアル)が大好きで木や花に話しかけたり、ヒーローに憧れ、人を救いたい!役に立ちたい!と思っていました。

そんな自分を思い出したのは、治療家を目指した時。

学生時代 ~就職、結婚・出産

学生時代はバスケットボールを追いかけ、その後14年間、一般企業で働いていました。その間に、結婚・出産・育児・離婚…等々の経験を経て、治療、ヒーリングの道へ飛び込みました。

「一生仕事を続けるなら、少しでも好きなこと、得意なことをしていきたい!」

マッサージがうまいと言われていたのと、バスケットの仲間の故障する姿を見て、何か出来れば・・・人を救う、役に立ちたい気持ちを思い出しました。

マッサージ師になろうと思い、友達にはなしたところ、「鍼ができると、年がいってもできるし、スポーツ選手は鍼治療してるよ」と言われ、鍼灸科も受けてみようかな・・・

結果、鍼灸のみのクラスに合格し夜間学校に通うことに。

勉強&起業

とりあえず受けた鍼灸でしたが、「人間の身体は小宇宙。生きていることが奇跡。」驚きと感動の連続でした。

学ぶことはとても楽しかったのですが・・・鍼に抵抗があった(注射がきらい)私は、在学当時から鍼灸をするつもりはなく、アロマを勉強していました。

そして、国家試験・・・ページをめくらず問題を解き忘れる!というあり得ないことをして、落ちました。「やっぱりア ロマでやっていくということか」と、さほど落ち込まず、アロマトリートメントの仕事をを自宅でしていました。その時期に、興味のあったヒーリングのスクー ルに通いました。オーラを見たいと通いましたが、どうもそちらの才能は開化できず、その代り手の感覚と気配の感覚がある事に気付きました。

そんな時、お客様や友達に「鍼も受けてみたい、資格取って!」と言われます。必要としている人がいるならば、と、卒業した学校の講義に秋から参加させて頂き、先生に問題を作ってもらい(本当に感謝です)、合格することができました。

鍼への抵抗も、同じように抵抗のあった友人が「細い針でもできるよ」と助言してくれ、その細さで安心して治療できるようになりました。

今思うと、鍼灸への道へ誘われた様に感じます。

今後

学校卒業は、他の鍼灸院、整骨院、マッサージ店などでの勤務を続けてお客様と向かいあいました。

しかし自分のスタイルで施術することがなかなかできずにいました。そしてとうとう2010年に独立起業、早くも5年が経ちました。

私自身、生まれつき股関節が外れていて運動禁止されながら、「成せば成る!」でバスケットボールができたこと。

高校時代に父が白血病になり生存確率1%と言われながら「まだ死ねない!」と幾度の危篤状態から生還したこと。

人間関係(仕事、交友、恋愛)で感情のアップダウンによる心身の変化を度々経験し、心と身体の繋がりに深く感心を抱きました。

「鍼」「お灸」「アロマ」「ヒーリング」の手技と、勉強してきた知識、経験してきた心身の感覚をいかし、これからも出逢う方々の笑顔で過ごすサポートをしていきます。

 

【資格・免許】

鍼灸師、センセーションカラーセラピスト、トリコロールカラーセラピスト、米国クリアサイト認定ヒーラー

2015年10月

くつろぎ鍼灸院  今井寛子

PAGETOP
Copyright © くつろぎ鍼灸院 Kuanyin All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.